盗聴・・・とは?

盗聴器については盗聴器についてのページでも書きましたが、
そもそも盗聴とは、どのような行為を指すのでしょうか?

盗聴とは、トップページあたりにも書きましたが、要は誰かの話を盗み聴くというのが盗聴の言葉のそもそもの意味です。

「情報を制するものは世界を制す」では無いですが、情報さえ先につかんでいれば、他の誰よりも先んずることが出来るということに人々が気づいてからは、盗聴を円滑に行えるようにするための方法が様々なアイデアで考え出されました。
そのアイデアの一つの答えというのが、今回、このサイトでご紹介している「盗聴器」なのです。

この盗聴器の開発も、始めはものすごく大きいものでしたが、技術の進歩により、どんな物よりも小さくなり、また声を拾う技術・無線送信技術などが発達したため、次第に、より人々に気づかれないような盗聴を行うことが可能となりました。

盗聴という行為自体は、世間では非常にネガティブなイメージで語られがちです。
しかし、盗聴という行為が必ずしも「悪」の場合があるかといえばそうではありません。

この盗聴行為のお陰で、この社会から様々な犯罪行為を暴いたという事実も忘れてはいけません。
アメリカを震かんさせたいわゆる「ウォーターゲート事件」なども、盗聴を行ったことが事件解決までの道のりを進展させる役割を果たした他、その他の組織犯罪などにおいても、盗聴行為を行うことで重要な犯罪証拠を手に入れることで、事件解決までの糸口を見出しているというのも、これもまた現状の一つです。

ただし、こうした盗聴行為がエスカレートしていき、結局はただ単に個人のプライバシーを侵害をするのみに終わってしまうということもシバシバあります。

しかし、盗聴行為のほとんどは違法行為となりかねないということが言われています。
ですので、ほとんどの国では、盗聴行為に関して厳しく制限している国が多い一方、
盗聴行為を行って、犯罪捜査をするような機関に対しては、こうした盗聴に関する法律を整備して、その法の中での盗聴を認めているというケースも少なくありません。
映画やマンガなどの創作物語などの中には、法律を無視して盗聴を行うようなシーンを織り交ぜているものも少なくありません。

盗聴行為の多くは、盗聴された側にとってはメリットはほぼありません。
間違ってしまうと、この盗聴行為一つで、社会的な信用を失ってしまう自体にもなります。
このお陰で知られたくない秘密が暴露され、中にはそれが原因で自殺などを行っているケースも見受けられます。
ですので、盗聴という行為は、社会の中ではタブー視されています。
(知り合いが盗聴しているんだ♪といえば、あなたはきっとドン引きするはずです。タブー視というのはそういうことです。)